東日本コンクリート株式会社

STAFF / RECRUITスタッフ/採用情報 NEWS新着情報

未来の社会環境を見つめ、高度技術に信頼を添えて、

新たな国土建設に貢献する。

当社は昭和26年の岩沼工場設立以来、橋梁・マクラギなどのPC製品を製造しており、昭和36年には
PC 桁の日本工業規格制定と同時にJIS表示許可工場に認定されております。
その後、宮城県亘理町に移転し東日本コンクリート(株)亘理PC工場と改称。

プレテンション方式PC桁・PC版・PC床版・セグメント桁、及び建築・防災などに関わる幅広いPC製品を
製造、国土交通省・地方自治体・高速道路や鉄道の橋梁建設工事に数多くの実績を築いています。

亘理PC工場 概要 詳細を見る

FEATURES

プレストレスト・コンクリートの特徴

プレストレスト・コンクリート(PC)は、社会の基盤となる建設構造物や、
社会資本となるビルや防災施設の快適な未来都市創造に不可欠なもの。
常に新しい時代をとらえ、総合的な技術力を高めながら皆様の信頼に応えてまいります。

コンクリートは引張強度が圧縮強度の1/10程度と、圧縮には強いが引張力に対して極めて弱い構造材料です。曲げを受ける部材として使用する場合、弱い部分である引張側を補強しなければ、材料の有効利用ができません。
その補強方法として、引張力を鉄筋で受けもつ構造としたのが鉄筋コンクリート(RC)で、鉄骨で受けもつものが鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)です。
さらにもう一つが、プレストレスト・コンクリート(PC)で、コンクリート断面に発生する引張応力を予測し、これに見合う圧縮応力度をあらかじめ計画的に与えておくもので、この圧縮応力度をプレストレスといい、PC鋼材によって与えるのが一般的です。
プレストレスト・コンクリート構造物(PC構造物)は、プレストレスの与え方によりひび割れを自由に制限できるもので、RCよりも耐久性に優れています。

プレストレスト・コンクリートの応力分布
荷重による応力度
プレストレスによる応力度
合成応力度
プレストレスの与え方
プレテンション方式

PC鋼材をあらかじめ緊張しておき、そこにコンクリートを打ち込み、硬化後に緊張力を開放することで、プレストレスを与える方式。緊張力はコンクリートとPC鋼材の付着により確保されます。(設備のあるPC工場のみで製造可能)。

製造工程
  • ①PC鋼材の緊張
  • ②鉄筋・型枠組立、コンクリートの打設・養生
  • ③緊張力の開放(導入)
ポストテンション方式

コンクリート部材の硬化後、内部に設けられたダクト(シース)に配置されたPC鋼材を緊張してプレストレスを与える方式。緊張力はPC定着具により確保されます。

製造工程
  • ①制作ベースにて鉄筋、シース、型枠の組立
  • ②コンクリート打設、養生(セグメントの切離)
    ※①②は工場にて施工
  • ③現地にてセグメントの接合、PC鋼材の挿入、グラウトの充填
続きを見る閉じる
01PC鋼線配線
02PC鋼線緊張
03鉄筋・型枠組立
04コンクリート打ち込み
05高温促進養生
06脱枠
07プレストレス導入
08PC鋼線切断
09製品取出
10製品仕上
11製品保管
12製品出荷
閉じる

PRODUCT

製品案内

亘理PC工場での主な製造品目
  • 道路橋用PC橋桁(JIS桁、ホロー桁、セグメント桁)
  • 各種シェッド(スノー、ロック、ウェーブ)
  • プレキャスト部材(地覆、壁高欄)
  • PC版、PC床版
  • スノーシェルター
  • 緩衝工材
  • 鉄道マクラギ(プレテン、ポステン)
  • 建築用PC部材(床版、梁、柱)
  • ブランチブロック
  • セグメントコンポ桁

  • セグメントバルブT桁

  • プレテンT桁

  • エコボックス

  • プレテンホロー桁

  • PC版

  • 防潮壁プレキャスト胸壁

  • ブランチブロック

  • PCマクラギ


東日本コンクリート株式会社

PRIVACY POLICY/SITE MAP
copylight higashinihon-concrete Allright Reserve.
copylight higashinihon-concrete Allright Reserve.